ページ内を移動するためのリンクです

入社2〜3年目の若手社員の活躍

新入社員の育成をサポート

充実した教育・研修体制

新入社員研修、入社半年後のフォロー研修に加え、自由に選択できるオンライン研修や外部研修など、多くの学びの機会が用意されています。

一人ひとりの育成状況を見て、成長の機会を提供

新入社員にはひとりずつ「メンター」という教育担当の先輩社員がついて、業務をサポートしながら、一人ひとりの育成状況をフィードバックしていきます。
また、それぞれの成長度合いに応じて、次の成長や活躍の場が広がるように、新しい業務や役割にチャレンジしてもらう機会を提供しています。

海外企業へのシステム外販事業に貢献

システムを開発・運用する部門に所属している。
入社2年目に、海外へのシステム提供案件でBI部門のプロジェクトリードを突然任された。先輩方のサポートを得ながら、他部門との調整、海外での要件定義などを経て、水面下で動いていたプロジェクトがようやく日の目を見た。
物怖じせず「まずはやってみる」を信条に、色々な経験から得る学びを成長につなげている。

お客さま応対部署を経て、マーケティングの世界へ

会員用WebページやWeb広告など、Webマーケティングに関する企画、制作、運用を行っている。
顧客対応のコールセンターでのデータ分析業務を経験後、現在のWeb企画へ異動した。
複数の部署を経験することで、見える世界も広がった。
新しいツールを導入するプロジェクトの全体管理を任されるなど、活躍の場も広がっている。

教えてもらう立場から、教える立場に

お客さまからの電話によるお問い合わせやご相談の対応、お支払いのお知らせなどを行っている。
経験豊富な先輩社員から学ぶことで、お客さまから「私のためにこんなに親身になってくれてありがとう。」という言葉をいただけるようになった。
今は、メンターとして、新入社員と向き合い、時には手を差し伸べながら、「後輩の指導」に挑戦している。

先輩の仕事を引き継いで、新たな役割に挑戦

入社2年目になり、育ててくれた先輩から、督促・回収の業務リーダーのバトンを受け取った。それをきっかけに、「自分の力をどう発揮したらよいか」から、「チームとして、どう力を発揮していくか」という考え方に大きく変わった。
企画系の部署とも連携しながら、お客さまの状況を改善するために、チームのメンバーとともにお客さまと向き合っている。

大学ではロシア文学を専攻。
成長を求めて、データサイエンスに関わる仕事を志望

与信戦略を設計・コントロールするチームに所属。承認率等のレポート作成や戦略の入れ替えなどを行っている。
大学では文系だったが、新しいスキルを身に付けるために、文系とは真逆の仕事を志望した。プログラミングやデータ分析の難しさにめげそうになったが、ひとつの仕事を任され、最後までやり遂げたことが自信につながった。
一日でも早く、先輩方の仕事ぶりに追いつきたいと勉強を続けている。

上記は、2017年6月時点の所属と職務内容です。