ページ内を移動するためのリンクです

様々なバックグラウンド

多様なものを認め、受け入れるカルチャー

1994年の会社設立以来、当社には様々な異なるものが集まってきました。
レイクの「活きたお金をお貸ししたい」という精神、GEのグローバルな視点と先進的なノウハウ、そして銀行グループの一員として求められる社会における存在価値、これら多様な価値観、アイディア、ノウハウが融合されて、現在の当社の文化が形成されています。

インターンシップ

ハッカソンによる、データサイエンス人財への学習機会の提供

海外人財の採用

海外でのシステム外販、個人向け金融事業の展開に必要な人財を採用

正社員登用制度

より広範囲な職務にチャレンジしたい、間接雇用者を採用

当社では、このような取り組みや制度を通じて、常に新しいDNAを取り入れ続けています。

コンサルから“社員”へ

前職はコンサルティング会社。将来のキャリアとして、直接会社の舵取りをしたいと思っていたときにこの会社に出会った。
経営陣にはGEのマスターブラックベルトを持つ人もいて、ロジカルなディスカッションが活発に行われ、スピーディーに意思決定されていく。それがとても魅力に感じた。
そして現在、新生フィナンシャルの社員として、会社の重要な意思決定に関わる仕事を任されている。

営業マンから一転、データサイエンスの世界へ

信用保証事業における与信戦略の立案、与信モデルの開発を担当している。
前職はメーカーの営業マン。工学部出身という強みを生かして統計や数理分野の仕事のある当社に入社した。
入社以来感じているのは、日々成長を実感できること、上司が部下の成長を支援していること、仕事とプライベートのバランスは個人の裁量に任せてもらえること。
現在は、後輩の育成、ハッカソンのイベントを通じた若者への学習機会の提供にも力を注いでいる。

ベテラン派遣社員から正社員へ

約8年間、派遣社員として顧客対応に従事し、ベテランの域に達した。そして、自分の仕事の幅を広げるために、色々なことに挑戦したい、学びたいと思うようになった。
希望が通って契約社員となり、そして2年前の3月に念願の正社員として登用された。
自ら手を上げて部内の様々な役割にチャレンジするほか、研修プログラムも活用してビジネススキルを磨いている。いま、管理職を目指している。

上記は、2017年6月時点の所属と職務内容です。